ジャケット

2017年ウィンタージャケットおすすめ

投稿日:2017年10月25日 更新日:

バイク専用のウィンタージャケットをお持ちでしょうか。冬のツーリングは寒いから行かない人のほとんどは、ちゃんとしたバイク用ウィンタージャケットを持っていないからと言えます。最近のジャケットはかなり進化しているのか風をシャットアウトしますしインナーダウンでポカポカです。
日差しが出ている道路を走っているとしっとりと汗をかいているくらいです。いろいろ着込むよりもちゃんとしたインナーとウィンタージャケットで快適です。
下手に着込むと重くなって疲れますのでちゃんとしたジャケットを買ってい待った方が長く使えるしコスパがいいと思います。

冬のツーリングは寒くて出かけない人はちゃんとしたジャケットを購入して今年こそは冬ツーリングに出かけましょう。

RSタイチのパーカーはお洒落で街中でも違和感なし オススメNo.1

RSタイチは言わずと知れたライディングギアメーカーです。レーシングスーツを作っていることでも有名だと思います。硬派なイメージのRSタイチですが、ウィンタージャケットはおしゃれです。街中でも違和感がなく溶け込めるのがうれしい。

RSタイチのウィンタージャケットで最もオススメなのはMOTOREK (モトレック)シリーズです。ちなみに女性用もあります

カラーバリエーションも豊富ですのであなたとあなたのバイクに合ったジャケットカラーがきっと見つかります。迷彩柄もありますよ。

人気カラーはすぐに冬本番が来るまでに売り切れますのでお早めに購入してください。

 

タイチのウィンタージャケットは風を通さずインナーダウンで超温かです。しかも、防水、撥水性能付きですので多少の雨ならカッパなしでも大丈夫です。完全防水ではないので雨が強くなってきたらカッパを切る方がよさそうですが、大抵の雨なら大丈夫です。パーカーは脱着可能ですので天候や気分によって調節できます。

また、インナーダウンを取り外し可能ですので冬なのに意外と暖かくなったらインナーダウンを取りはずすことも可能です。

真冬はもちろん秋から春にかけて使えますので3シーズン使える万能ジャケットです。

rstaich2winterjacket
安全性も確保されている。さすが、レーシングスーツを作っているメーカです。安全性も考えて作られています。CPS対応していますのでCPS対応のプロテクタを取り付けられます。ジャケットと一緒にプロテクタをセットで買うのもいいと思います。CPS対応のジャケットであれば取り回しできますのでコスパが高いです。

rstaich1jacket

MOTOREK (モトレック)シリーズはちょっとデザイン的に合わなさそうであればTUNDRA (タンドラ)シリーズがいいと思います。

MOTOREKとほぼ同等な機能を持ち合わせています。

こちらのデザインの方が大人の男って感じで渋い感じの雰囲気を出せます。

rstaich4winterjacket

 

冬はバイク用のウィンタージャケットで快適ツーリング

バイク専用のウインタージャケットは各社から出ています。

自分の好みのジャケットで冬もツーリングを楽しみましょう。夏よりも冬の景色の方が空気が澄んでいて綺麗です。食べ物もおいしいですし、バイクを冬眠させるなんてもったいない!!

雪が降るまで、路面が凍るまでツーリングを楽しみましょう!!

 

【関連記事】
>>冬のツーリングはインナーから温めると快適

-ジャケット
-, ,

執筆者:

関連記事

アビレックスのロゴ画像

AVIREX(アビレックス)のジャケットでおしゃれライダーへ

アパレルメーカーのアビレックスですがバイク用のアイテムを多数ラインナップされています。 アパレルメーカーなのに生地がしっかりとして安心感があります。ツーリングに出かけるときはしっかりとした服装にするラ …

edwinrainwear

バイクでの急な雨に備える!激安おすすめレインウェア!

バイクに乗っていると急な雨に打たれることがあります。 車とは違いバイクは屋根がありませんから雨を防ぐのはレインウェアしかありません。 振り始めであれば近くのファミレスにでも入ればいいですがびちょびちょ …

シンプソンのジャケット

シンプソン(SIMPSON) レザージャケットは着心地最高!

シンプソンのレザージャケットはライダーに根強い人気を博しています。 その多くの理由 革が柔らかく体に馴染む 革が丈夫で長持ちする 作りがしっかりしている デザイン などがあげられています。 一度シンプ …

激安電熱ジャケット

激安電熱ベストで冬でも暖かツーリング おすすめ2点

電熱と言えばRSタイチの”e-HEAT”と言えます。 バイクのバッテリーから電源を取れる大きなメリットがありますがお値段が張るのも事実です。 およそ2万円はするでしょう。 冬のツーリングはそんなに距離 …