グローブ

RSタイチの電熱グローブはおすすめ!冬でも快適ツーリング!

投稿日:

冬のツーリングは装備さえちゃんとしておけば夏よりも断然快適です。

ちゃんと装備しているライダーであれば真夏よりも冬の方が快適というの意見は一致する(おそらく100%)と思います。

夏の暑さはどんなに装備にしても防げません。熱中症を起こしかねませんよね?

最近では冬であってもバイクからポータブルバッテリーから文明(電気)の力でポカポカでツーリング出来ます。

まずは、ツーリングを一年中楽しむために電熱グローブを購入してみてはいかがでしょうか。

気温10度以下の環境であっても手が冷えてかじかむことはなくなくなりますよ。

電熱グローブと言えばRSタイチの”e-HEAT”

電熱グローブはRSタイチ以外からもリリースされていますが、いろんなライダーの口コミを見ているとRSタイチが一番評判が良いようです。

暖かいだけでなくレーシングギアをリリースしているだけあってグローブ自体の質の良さが際立っているという点のアドバンテージがあるからでしょうか。

値段は少々張りますが、満足度高い商品であること間違いないです。

また、グローブは2年保証のようで安心ですね。

eHEAT2年保障

 

グローブの種類も3種類あって自分のスタイルに合ったグローブを選択することができるのも魅力的です。

もちろん3種類ともに防水対応ですので雨の日も安心です。

 

ハードプロテクタ装備のRST621

3種類の中でも1番オススメなのはRST621

しっかりしたハードプロテクターが装備しているので万が一の時も安心です。

 

コストを抑えたRST622

RST621から少しでも安く手に入れたいライダーにオススメなのはRST622です。こちらはRST621と比較するとプロテクトが簡易になっている分コストが抑えられています。防水性能やムレ防止の機能はついていますのでその点は問題ありません。

そこまで大きな価格差はないと思いますのでせっかく買うのであればRST621を購入した方が安心感は高いと思います。

 

レザータイプのRST623

RST621とRST622のデザインはどちらかと言うとレーシーな感じですがRST623はゴートレザータイプです。

アメリカンタイプのバイクや私服に合わせてバイクを乗るライダーにとってはこちらのレザータイプのデザインの方がバイクや服装とマッチするのではないでしょうか。

レザータイプであっても防水機能、ムレ防止機能は健在ですので機能的に劣っている点がないのもうれしいです。

 

 

電源は別売りだから注意

電源は別売りなので買い忘れることなくグローブと一緒に購入しましょう。

また、上に挙げたグローブと2015年以前の電源とは使用できないのも注意です

RSP041、RSP042を購入しましょう!

 

 オススメはバッテリー供給のRSP041

タイチの電熱グローブ(ジャケット/ベストもだけど)バイクのバッテリーから電源供給が可能です。

バッテリー供給であれば時間を気にせずe-HEAT製品を使用することが可能になります。

とりつけも簡単ですし値段もモバイルバッテリータイプよりも安いです。

一度バッテリーに接続してしまえばモバイル(リチウムイオン)バッテリーの充電のわずらわしさもないです。

モバイルバッテリータイプより機能アップの点としてはターボモードが搭載されているため使用開始5分でハイパワーモードに自動的に切り替わります。

ハイパワーモードで発熱量が30%UPするのですぐに手が温まります。

第一候補に選ばない手はないですね。

 

 

リチウムイオンバッテリーと充電器セットRSP042

リチウムイオンバッテリー2個と専用充電器のオールインワンセットになった商品です。

車載バッテリーに余分に出力したくない。バッテリーから線を延ばすのが難しいバイクでもリチウムイオンバッテリで利用できます。

 

 

 RSタイチの電熱グローブまとめ

多少値段は張りますが満足度の高い商品です。

冬でもツーリングを楽しみたいライダーには必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

注意点としては、グローブの電源は別売りであることと2015年以前と2016年で接続ケーブルのタイプが変わったため互換性がないことです。

両方とも最新のモデルを購入しておけば何の問題もありません。

あと、個人的なオススメとしては電熱グローブにインナーグローブを併用することです。

グローブの中で手は知らず知らずのうちに結構汗を書いているようです。

グローブは頻繁に洗濯できませんのでインナーグローブをするようにしています。

インナーグローブであれば毎回洗えますので衛生的です。グローブが嫌な臭いにならないで済みますし手ににおいがつくこともありません。

私は潔癖ではありませんが、電熱グローブに限らずインナーグローブを併用しています。

冬用だと運転しずらい場合は夏用のインナーグローブでもいいと思います

 

 

【関連記事】

>>ウインターグローブおすすめ

>>ハンドルカバーで指先の冷えをシャットアウト

-グローブ

執筆者:

関連記事

RST443

バイクの春夏秋3シーズングローブ2018

冬が明けて気持ちの良いツーリングができる季節になってきました。 いろんなところへツーリングへ行きたいですね。 本日は3シーズン使えるバイク用グローブのおすすめです。 バイクのグローブは防寒対策だけのた …

RST627

バイクの冬用グローブ オススメ7点

冬にバイクに乗っていると指先が冷えてとても運転できる状態ではなくなりますね。 冬用のバイク用グローブであればある程度しのげます。 寒いからと言って分厚い手袋にするとハンドルが滑りやすかったりクラッチ操 …

バイク用ハンドルカバー

ハンドルカバーで指先の冷えをシャットアウト

冬のツーリングで最も冷たくなる箇所の一つ指先。 指先の冷えはたとえグリップヒーターを使用してもつらい場合があります。 そんなライダーにおすすめなのはハンドルカバーです。 とてもかっこいいとは言えない商 …