積載バッグ

日帰り~1泊ツーリング用シートバッグはMFK-100がおすすめ

投稿日:

日帰りツーリングや荷物の少ない1泊のツーリング用のシートバッグはMFK-100がおすすめです。

タナックス MFK-100

ミニフィールドシートバッグ全体

ミニフィールドシートバッグMFK-100の特徴

  • 容量可変(19⇔27リットル)だから荷物が増えても安心
  • 上部が大きく開閉できるため荷物を取り出しやすい
  • 500mlのペットボトルフォルダーが2つあり取り出しやすい
  • バッグ左右にサイドポケットがついていて小物を整理しやすい
  • 下部がインナーフレーム構造で荷崩れしにくい
  • もちろんレインカバーなど付属している
  • バイクのシルエットを壊さない形状
  • 汎用バッグだけど取り付けが簡単(工賃0円)

ミニフィールドシートバッグMFK-100の弱み

弱みというかメーカーへの要望。おそらく届かないだろうな~。

  • レインカバーがついているができればシートバッグ自体が防止であってほしい
  • 拡張すると拡張部が型崩れしやすい。
  • バッグ上部のホールディングコードをツーリングネットのように細かくしてほしい。

まとめ

メーカーへの要望は書きましたが、他のメーカー含めてミニフィールドシートバッグMFK-100よりも使いやすいツーリングシートバッグはないと思います。

人それぞれの感覚かもしれませんが、どうも箱をつけていると、どのデザインのバイクでも『箱をつけているバイク』って一目で思ってしまうのでそのどこかで見かけたバイクのことを後で思い返してもバイクのモデルがなのか記憶にのこらないです。

『あーあの箱付けていたバイクね?』って感じになります。

シートバッグの場合はそんなことはないのでデザインは壊しずらいと思います。私だけでしょうか。

ずっと取り付けたままでもデザイン的にイケていると思っているライダーの方であれば素直に箱付けた方が防水性も聞いているので満足度が高いと思います。

たまにはシートバッグなしでかっこよく決めたい私のようなライダーは取り外しが簡単な『ミニフィールドシートバッグMFK-100』があっていると思います。

 

ミニフィールドシートバッグ2

 

ナンバーに取り付け用のフックをつける道具とツーリングネット。

 

【関連記事】

>> ツーリングマップルRが入るタンクバッグおすすめ3点

>> ツーリングキャンプ用バッグ比較 タナックス vs ゴールドウイン

-積載バッグ
-, , ,

執筆者:

関連記事

MFK-250 ツアーシェルケース2

タンデムツーリングで必須?積載量倍増?キャンプ道具もらくらく積載。おすすめサイドバッグ3点!!

ツーリングシーズン、キャンプシーズンも本格的に始まりました。 タンデムでツーリングに行くとき後部の方にリュックを背負ってもらうよりもサイドバッグでツーリングした方がお互い楽です。 また、キャンプ道具が …

ツーリングキャンプ用バッグ比較 タナックス vs ゴールドウイン

水曜どうでしょうの再放送を各局録画して何度も見返してるモト吉です。ヨーロッパリベンジとか何回放送されてるんだろ?? 一番見たいベトナム縦断はなかなか再放送されませんね。録画を残しておけばよかった。 さ …

goldwinGSM17317

バイクを傷つけにくい吸盤式ツーリングマップルRが入るタンクバッグ3選

バイクツーリングの情報満載のツーリングマップルR(サイズが大きい方)をタンクバッグへ入れると便利です。 スマホでナビと併用すると目的地までのルートプラス寄り道情報が分かります。万が一スマホの電池がなく …

RSタイチシートバッグの取り付け

ツーリングマップルRが入るタンクバッグおすすめ3点

バイクツーリングの情報満載のツーリングマップルR(サイズが大きい方)をタンクバッグい入れると便利です。 スマホでナビと併用すると目的地までのルートプラス寄り道情報が分かります。万が一スマホの電池がなく …

タンクバッグ

オフロード、アドベンチャータイプのタンクバッグ2点

オフロードバイクやアドベンチャータイプの場合タンクの形状がそのほかのタイプのバイクとは異なります。 それがかっこよかったりするんですが・・・。一般的なタンクバッグではちょっと使いずらい(マップを置いた …