キャンプ ツーリングアイテム

普段時USB充電できる緊急時は大活躍のジャンプスターター

投稿日:2018年2月25日 更新日:

車にしてもバイクにしてもバッテリー上がりは怖いです。

万が一バッテリーが上がってエンジンが始動できなくなってしまったら大変です。

JAFなどに連絡をして助けてもらうと結構なお金がかかりますし、そもそも来れるエリアでなかったり来るまでに数時間かかることなんてざらです。

そんな恐怖から解放することができるモバイルスターターがあります。

あまり人気のないエリアでのツーリングを楽しむ方には特におすすめです。頼もしい相棒になると思います。

 

 おすすめモバイルスターター

最近のモバイルスターターは普段使いではモバイルバッテリーとして使用できいざと言うときにはエンジンスターターとして活躍してくれる頼もしいアイテムです。

普段はモバイルバッテリーとして使用できるのでキャンプなどにはモバイルバッテリーは必須アイテムだと思うのでモバイルバッテリーを購入するのに選択しとして入れるべきです。

電池の容量も1000mAh以上の物が多く大容量です。サイズとの兼ね合いにもなりますが、せっかくですのである程度容量が大きいスターターにするのがおすすめ。

持っているモバイル製品にもよりますが、15000mAh以上あると安心かなと思います。

なぜかというと例えばキャンプ場などで自分のスマホやインカムなどを充電を夜して朝エンジンを掛けようと思ったらバッテリーが上がっているなんてことを想定した場合、モバイル製品を充電したせいでスターターとしての機能は果たさないなんてことになってしまったら何のためにスターターを持ってきたのかわからなくなります。

出来れば、ある程度モバイル製品を充電してしまったあとでもしっかりとエンジンがかけられるような容量を確保したものを購入するのがいいと思います。

この辺りは、あなたが普段どのような場所にツーリング行くのか?持って行くモバイル製品はどのような容量なのか?キャンプで連泊するようなことはあるのかなどによりますし、それにプラスして安全マージンをどこまで持つかですね。

一度人気のないところでのバッテリー上がりを経験した人は必ず持っているものです。

万が一なことが起こる前に備えておきましょう。

20,000mAh

 

18,000mAh

14,000mAh

 

10,000mAh

 

8,000mAh

 

-キャンプ, ツーリングアイテム

執筆者:

関連記事

ツーリングキャンプでも 焚き火したい。バイクでもオススメの焚き火台3点

ツーリングキャンプでもやっぱり焚き火したい。 焚き火しながらコーヒーを飲むキャンプは1人でも数人でも最高な時間をもたらします。 直火が大丈夫なキャンプ場もあるけどサイトが限られてしまいますので焚き火台 …

mobilebatterycheero

ツーリングキャンプでのモバイルバッテリーの必要容量とは

キャンプツーリングはホテルと異なりコンセントでスマホやその他のモバイル機器が充電できない環境になります。スマホの電池がなくならないように忘れずにモバイルバッテリーを持っていくようにしましょう。 人気の …

snowpeak

バイクツーリングキャンプでも使いやすいsnowpeak(スノーピーク)テント、タープ、焚火台

ツーリングキャンプをするのであればキャンプアイテムについてもこだわりたいですよね。 キャンプブランドの2台ブランドはコールマンとスノーピークではないでしょうか。特にスノーピークは機能とデザインと品質す …

ポーレックス コーヒーミル

キャンプでおいしいコーヒーを飲む!コーヒー豆を挽くコンパクトコーヒーミルのすすめ!!

キャンプに行ったら絶対にこだわりたいのは、コーヒーです。 私はキャンプに1泊したら3杯は飲みます。キャンプ場に着いて設営したら1杯、寝る前に1杯、朝食に1杯。 自然の中で飲むコーヒーはたまらないです。 …

失敗しないツーリングキャンプ用テント

有吉の一番面白かった時期は内Pでやってた猫男爵だと思っているモト吉です。あの時の有吉で腹抱えて笑ったなぁ。 さて今回はツーリングキャンプ用のテントの話です。 『テントを制する者はキャンプを制す』といっ …